飛行機

JGC取得までのコスト、入国しないSIN-OKAタッチルート〜2019年版〜

JAL飛行機

2019年3月にハワイに行き、その際、ダニエルKイノウエ空港での大混雑にうんざりし(日本発だと子連れだとスマイルサポート使えるのでまだマシ)、JGC会員になった方が今後の旅行のクオリティが上がるのでは?と考え、我が家ではJGC会員を目指すことを決めました。

JGC取得への作戦

前提条件

JGCを目指すには、50回フライトをこなすか、FOPを5万マイル達成することが条件になります。我が家は、共働きのため、貴重な週末は子供とべったり遊びたいため、50回フライトを目指すのは論外。

5月の時点で、すでにフライトで5,000FOPほど、さらにJALカード初回搭乗FLYONポイントで5,000FOP、トータル1万FOPあったので、残り4万FOPが達成できるように旅程を組みました。

FOPクリアする?50回搭乗する??

FOP達成を目指すには、王道と言われるシンガポール(前後沖縄組み合わせ、通称SIN−OKAタッチとかいうやつ)が一番!思ったときが吉日♪タイプの我が家、決めてから1週間以内にはすべてのチケットを手配完了。

つまり、定期的にJALから発売されるSpecial Saver Qを使うことなくチケット予約したため、FOP単価でいうと、約10円です。

ただ、インボラ初体験できたし、家族旅行(沖縄2回)も出来たし、プライスレスです!(友人に話したら理解できない!と言われましたが笑)

チケット購入方法と費用

我が家の修行、海外発券と国内発券、沖縄も入っているし、シンガポールに至っては、滞在時間2時間ほど!そう、我が家の修行は、本当にシンガポールタッチ!入国すらしていません。

つまり、仕事終わりの金曜の夕方に成田を発ち、土曜の朝に羽田に戻ってくるんです。結果として、修行しつつも、週末は家族で過ごせる、そんなプラン。好き好んでこんな行程を組み込む人はあまりいないのか、検索しても「入国すらせずに帰国する」という方はあまり見かけませんでしたね。

シンガポールTWG
夜中も開いてるよ!

でも、可能なんですよ!ちなみに、即帰りですが、国内線と違い、CAさんは違うので、気まずさを感じることもありません笑。そして、機材は同じなので「乗り遅れる」こともありません笑 買い物だって出来ます!

以下、購入サイトとルート、費用です。

①NRT⇄SIN(JAL国内サイト購入)

成田とシンガポール往復チケットを国内サイトで手配。プレエコで約15万ほど。

②SIN-OKAタッチ(JALシンガポールサイト)-往復その1

シンガポール→羽田→沖縄→羽田→シンガポールを海外サイトで手配。約14万(国際線はプレエコ)

この旅程のおかげで実現した沖縄旅行①がこちら。

マリオットはステータス持っていませんが、上層階だったし、朝食もクーポンもつくし、人も優しいし、とても良かったです!!!

③SIN-OKAタッチ(JALシンガポールサイト)-往復その2

②と同様に、シンガポール→羽田→沖縄→羽田→シンガポールを海外サイトで手配。(約14万、国際線はプレエコ)

この旅程のおかげで実現した沖縄旅行②がこちら。

4泊5日沖縄を真夏に滞在しましたが、旅費が抑えられたのは海外発券のおかげです!

実際のフライト記録

フライト記録

1回目:①で購入した往路(NRT-SIN)、②で購入した往路(SIN-HND)

時刻出発地時刻到着地マイルFOP
金曜日17:55成田0:20シンガポール3,3125,368
土曜日1:50シンガポール9:50羽田3,3125,368

初回の修行。なんと、往路で機材遅れのため1時間delay!え、、帰れるの!?という一抹の不安をよそに、当然、復路便も機材遅れでdelayとなっていました。この日はじめて、同一機材を使っていることに気づきました・・・。

ちなみに到着が遅れたため、空港内はシャッター街となり、目的のTWGの紅茶はかえませんでした。

2回目:②で購入したHND⇄OKA

※FOPは、2,368×2=4,736

3回目:②で購入した復路(NRT→SIN)、③で購入した往路(SIN→HND)

時刻出発地時刻到着地マイルFOP
金曜日17:55成田0:20シンガポール3,3125,368
土曜日1:50シンガポール9:50羽田3,3125,368

なんと、この日のフライトもdelay!え、どういうこと!?シンガポール便は遅れるのが常なの?と疑惑が・・・。JALなのに!!!当然またTWG買えず!!!

4回目:③で購入したHND⇄OKA

※FOPは、2,368×2=4,736

5回目:③で購入した復路(NRT→SIN)※ビジネスクラスへのインボラ!、①で購入した復路(SIN→HND)

時刻出発地時刻到着地マイルFOP
金曜日17:55成田0:20シンガポール3,3125,368
土曜日1:50シンガポール9:50羽田3,3125,368

仕事で乗り遅れるかも!?と焦ったときに限って定刻出発だった3回目のシンガポール行き。ビジネスクラスを満喫しました。

変更できないリスク

この5行程を約2ヶ月かけて行いました。沖縄旅行を楽しみたかったので(5月、7月)2ヶ月かけましたが、実際はもっと短縮できますし、安いチケットを手配することだって可能です。

また、この行程だと、国内線がどこにいってもどんな時期でも1万円で追加できるというメリットがありますが、飛行機自体を変更することが出来ません。

何か1つでも不都合が出てきてしまうと、すべてがパーになりかねません・・・!!!!

不便だったこと

海外発券での国内線だと、なぜか毎回ゲートで引っかかるというめんどくさいことが起こりました。どうやらセキュリティチェックで紙の搭乗券が出てこないと引っかかってしまうようです(ウェブチェックインの意味なくない??)。そのため、カウンターでチケットを出してもらいました。

ステータス反映(家族会員の場合)

家族会員になった場合のステータス反映

家族会員を追加したときの流れはこちらに記載しました。おおむね3週間余裕を見ていれば十分です。もっと期間を短縮したい場合は、あらかじめ家族会員になっておくとよいですね。

まとめ

JGC会員になってから、まだフライト経験がないので、実際のメリットはこれから感じることとなるのでしょうが、JGC会員専用ダイヤルに用事があって電話をした際、オペレーターの方が非常に丁寧な対応だったので、頭が下がる思いでした。

ひとつ、新しい世界に足を踏み入れた気分です。