飛行機

JAL A350の座席を座り比べてきた!

A350の座席比べ

JALのA350には、ファーストクラス、クラスJ、普通席の3種類があります。

当然、「ファーストクラス>クラスJ>普通席」であることには代わりありません。

ファーストクラス

9月に運行されるA350のファーストクラスは、12席しかありません。

ただ、一度座ってしまうと、魅力的すぎてたまらない空間になっていました。ちなみに、足下はこんなに広いよ!なんだろう、全然伝わらない気がしますが、とにかく広いのです。

マッサージ機能もついているのですが、これがまた「ソフトタッチで絶妙」。 あぁ、これは絶対体験してもらいたい。そして、あぁ、「絶妙」とはそういう意味か!!!と共感してもらいたい。そんな仕上がりになっていました。

個人的には、ファーストクラスに子供を乗せるってもったいない気がするのですが、ファーストクラスは相応のサービスが受けられます。

子供に「本物」を体験させるいい機会になるかもしれません。いわゆる「空育」にもつながるよなぁーと。飛行機を愛する子供にいろんな世界を見せてあげたくて、いつか体験させてあげたいところです。

ただ、「ファーストクラス」ですので、それなりに分別がつく頃に一緒に楽しみたいところです。ファーストクラスは乗ったことないので知りませんが、子供もいるのかしら!?

その前に、A350のファーストクラスは激戦かと思われますが。。。

クラスJ

クラスJもいろいろと工夫がありました。レッグレストを収納する際に固すぎて困りました。。。ポイントは、少し上に持ち上げることらしいです。。。

クラスJは全席仕切りがあるので、普通席より幅が広いとはいえ、子供がごろーんとできないので我が家は使ったことがなく、今回の見学でもかなりスルーしてしまいました。。。

ただ、一人で子供と一緒に旅行となると、普通席より断然クラスJですね。隣と確実に仕切りがあるので。

座席を必要とする年齢になった場合もクラスJがやっぱり楽だと思います。普通席との座り心地もやはり違いました。普通席で予約した場合は、当日空席があればアップグレードしたいところです。

普通席

ファーストクラス、クラスJを体験したあとだから、まぁ、これはこれでありじゃないの!?と思える普通席。

でも、やっぱり普通席だけで比べたら、俄然スペックがあがっています。

昔に比べて「狭さ」を感じなくなったのは私の背が低い(155cm)だからかもしれませんが、国内線だとリクライニングを使う方もあまりいらっしゃらないので、あまり圧迫感を感じることもないかなーという印象です。

※普通席については↑で思う存分語っているので合わせてご覧ください。

ファーストクラスだけの・・・

ファーストクラスだけの、、、という点は多々あるのですが、公式HPには掲載されていないポイントを少しだけご紹介♡

機内照明

上部の荷物入れが美しく光っております♡

ファーストクラス限定なのです。ちなみに、仕様は同じ。重たい荷物を入れてもサポート機能が備わっているため、出し入れがしやすい工夫が仕掛けられています。実際に乗られたときに体験してみてください!

パネルだって限定

ファーストクラス前方、1DGの前にある白いパネルも限定装飾。波打っていて実際に見ると光と調和して美しいです。

搭乗時にテンションがあがる工夫

見学会で実際に搭乗するとき、タラップ車を駆け上がって・・・ということはなくて、実際は大渋滞が発生したのですが、その原因がこれ!笑

鶴丸がとある場所でお出迎えしてくれるのです。

旅気分が一気に盛り上がります。ぜひ、搭乗した際にはご確認くださいませ☆