飛行機

2歳ハワイ~失敗したフライト編~

さて、最初の難関。機内に搭乗後の話です。
我が家の子供は飛行機が大好きで、「おねぇさんにりんごジュースをもらうの!」とずっと楽しみにしていました。

1.搭乗後から1時間ほど

今回は子供の睡眠時間を少しでも確保させようと、20:35発のフライトにしていました。娘はすでに10回以上のフライトを経験していますが、すべて国内便だったため、ずっと膝の上。そのため、座席1つを使用したフライトは今回が初めてだったので、若干緊張したのか、硬直していました。(これは盲点だった)
一方の飛行機。ドアが閉まり離陸後約1時間程度で飲み物が配られ始めました。娘は頑張って起きていましたが、楽しみにしていたジュースを手にすることなく、直前で娘は寝落ち!!!この時点でまだ日本時間で21:30すぎぐらい。いつもの就寝時間よりちょっと遅めでしたがほぼ普段どおりに寝てくれました(娘はさぞかし悔しかったでしょう笑)
夫と二人嬉しく、ビール&ワインで乾杯し、ゆっくり機内食を頂けました。ちなみに機内食はこんな感じでした。
f:id:hokahokastyle:20190413163901j:plain

2.子連れフライトを快適にさせてくれるはずだったもの

さて、子連れフライトということで、少しでも快適にしようと、事前に準備したのはこれ。
f:id:hokahokastyle:20190413163835j:plain

これは、行きのフライトでの写真。横になって眠ることはありませんでしたが、「落ちる」という心配がなかったのでよかった!

しかーーーし。帰りのフライトでは、なぜか拒否!
こんなに便利なのに、何が気に食わなかったのかというと、「何でも大人と一緒がいい」お年頃。大人が使っていないのだから!と拒否したというオチでした。けして製品が嫌だったとかではないようです。
Fly-Tot (フライトット)とか買わなくて本気でよかったと胸をなでおろしました。

3.体勢を整えてあげたら起きた!?

機内食も食べ終えて、機内が暗くなってきた頃、娘の体勢がきついかな?とち ょっと動かしてあげようと思ったのが運の尽き、、、!なんと、ムクッと起きてしまい、その後2時間、暗闇の中ぼーっと起き続けるという悲運が!!!騒ぎもせず、ただただぼーっと起きていたんです(もはや、寝てたのかもしれませんが。。。)
私は終始ヒヤヒヤして寝ることもできず、無理な体勢でも寝かせてあげておけばよかった、いや、無理な体勢だとあとで体が辛くなるだろうし、、、とかグルグルと思い悩んでいるうちに、突然パタッと寝たんですけどね。結局、娘が完全に寝ていたのはトータル4時間ほどでした。全く騒ぐことはなかったので、ほっと一安心なハワイ入りとなりました。

★まとめ

寝たら触らない!
足置きは安いもので十分!
フライトはもう少し遅い時間だともっと爆睡するかも?