飛行機

銀行よりお得!JAL旅行積立は利率3%!

コンスタントに飛行機に乗っているのに、今まで存在を無視していた「旅行積立」。調べてみると、利率がいいし、カード払いできるし、「え?使わない手はなくない!?」となりました。

JAL旅行積立とは

満期旅行額に応じて積み立てる

飛行機を使った旅行が好き!とはいえ、無尽蔵にお金が出る訳ではないので、年初等に今年の旅行予定をたてておき、必要な金額を積み立てるというのはアリではないでしょうか。

例えば、帰省先が地方であれば、必ず「帰省費用」がかかりますよね?ならば、その代金をあらかじめ予算立てしておくことで計画的な出費ができます。毎月の家計で口座を別にして定期預金とかにしてもいいんですが、銀行に預けるって、もったいなくないですか??

初年度の利率は3%!

旅行積立のいいところは、初年度の利率が3%という高利率なところ。今の時代、銀行の金利は、0.01%とかですよ。よくても、0.3とかなので、3%となると全く違います!

「どこで貯めるか」の違いなので、私は、積立という考えアリだなと。だって、必ず使うものですからね・・・。少しでも利率がいい方がいいに決まっています。

航空券だけではなく、グループ商品にも使える!

旅行積立で得られる「JAL旅行券」は10年間利用可能。

航空券だけではなく、ツアー代金や、免税品、また、電話発券の手数料代が免除になる等の地味なメリットもあります。

電話発券ですが、以前、我が家がハワイに行ったとき、特約航空券で大人のみ発券、子供をネットで予約しようとしたところ、大人と一緒でないと購入ができないため、電話発券しなければなりませんでした。

この場合も、問答無用で手数料が必要です。でも、旅行券を使えば手数料は免除になるというね。地味に5,000円ぐらいかかる手数料なので、使わない手はなかった。

無知とは恐ろしいものです・・・。

シミュレーションしてみよう

初年度利率が3%をどう捉えるか

仮に30万/1年で積立した場合を比較してみましょう。

毎月払い額総支払額サービス額
一括払い291,263円8,737円
毎月払い24,601円295,212円4,788円

毎月払いだと、サービス額が半額ほどになってしまいますが、毎月の手出しを家計管理上、固定費として計上しやすいですね。これなら今すぐ始める!という選択肢もできます。

もちろん、支払額を押さえたいなら、積立期間を長く設定すればいいし、ボーナスを旅行に!というなら、さくっと一括払いという手もあります。

使用期限は10年をどう組み込むか

使用期限は10年ですので、積立金額を押さえて、毎年満期がくるような設定にするのもアリですね。何口も持てるのでそのような設定が可能になります。

キャンペーンを随時やっているようなのでキャンペーンに便乗するのもいいですね。

カード払いが可能でマイルもざくざくたまる!

旅行積立のメリットは、カード払いが可能であるということでしょう。引き落としではなく、カード払いなので、マイルが付与されます。ちなみに、旅行券を使っても通常フライトでのマイルも積算されますし、FLY ONポイントもつくので修行の方にもメリットがあるでしょう。

現在、積立を行うことで、ボーナスマイルが付与されます。

30万で800マイル、60万で2000マイル、100万で4000マイルです。

さらに、JALカードで支払えば、積立金額に応じてショッピングマイルも付与されますし、ショッピングプレミアム加入なら2倍!

注意したいのは、1つの契約に対して付与されるため、複数契約(10万×3口)とかだと対象外ということ。

我が家は今後の旅行計画を立てて、早速積立を開始しようと考えているところです。

まぁ、正直、使い勝手は良くないのですが。。。

飛行機好きなので、空港に無駄に行くこともあるので、支払いがめんどくさい、、、ということはなさそうです!