自宅学習

自粛中に習慣づけたいこと〜アート思考、英語〜

政府発令の自粛期間が伸びましたが、娘の保育園は4月下旬時点ですでに6月末まで自粛要請が届き、5月からはオンライン保育もスタートしました。この機会に子供用のPCも用意してもいいかな、と思っていましたが、やはり、所詮、ただの液晶。自粛終わった時に、リアル体験よりもバーチャルで良い、と思うのもなんだかな、、なので、必須となるまで(子供が欲しいと言うまでは)保留予定です。

アート思考を磨く

さて、ゴールデンウィーク中はこの本を読んでいました。

この本、美術嫌いな私の思考をガラッと変えてくれた一冊となりました。ハワイ島などの自然を求め旅をしていましたが、今後はアート要素も取り入れたく、子供がもう少し大きくなれば欧州も視野に入れたいなとも思えるように。(アート=欧州、と言う短絡的思考なのは、美術史をほぼ知らないからです)

読了後、アート思考を高めるべく、子供と毎日1つのアートに触れ、その感想をアウトプットしていき、アートを身近に感じていく、ということを一つの習慣にしよう、と決めました。

早速、モネの睡蓮を見せて(AGORAに載ってたから)、この絵はなんだろうね??と鑑賞を開始。娘は「山が見える!川がある!この下には魚が住んでいてチューリップも咲いている!」など自由な感想が!「魚が住んでいて」の部分、鑑賞できてるな、、、と唸ってしまいました。(本書では、カエルがいる、と言った子供の話が紹介されていた)

普段使わない脳が活性化する感じがして、アート思考を育てるということは、「自らストーリーをきちんと考える」ことに繋がると実感。面白いので、ノートに絵を貼り、感想を言い合い記録しています。

自粛明けに、美術館を訪れる楽しみができました。

楽しく英語学習を行う

我が家は、DMで娘が飛びついたこどもチャレンジEnglishを受講しています。DVDは2ヶ月に1回届くのですが好き嫌いがあるようで、コンテンツによっては見たり見なかったり。

それでも、1日1回は何かしら英語に触れていたのですが、いいアプリを紹介してもらいました!「khan academy kids」です(これ本当によくできていて即、親友にシェアしたほど!)

khan academy kids

無料なのに、広告出ないし、それでいてコンテンツが非常に豊富!子供が楽しそうに遊んでいます。これひと通りできるようになる頃には、リスニングはバッチリになっていると思います。このアプリを午前30分、午後30分ぐらいやれたらいいな、と。(いい時間つぶしにもなる・・・笑)

読み書きに興味を持ってきたら、リーディングも強化していきたいところです。とっかかりは、これ。

音声付きのタブレット。絵本8冊あるから、読みに興味を持ってきたら、これが取っ掛かりでもいいかな・・・?今は、タブレットで音声をよく聞き取っているようです。

ディズニータブレット

別バージョンのこちらでは、アルファベットを勝手に覚えてくれる優れもの。こんな感じで、ゆるゆるとおうち英語とアート思考を伸ばすことを5月は目標にしてみます。

なお、トップ画像の音楽(100均のギターみたいなやつ)とか、ダンス、体操は子供が好きなので、親が誘導しなくても勝手にやっているので習慣化の対象外です。

アート思考と英語の習慣づけの3週間、明日から意識してチャレンジです!

親の楽しみは!?

最後に、、、自粛期間中、様々なコンテンツが解放されていますが、何よりも興奮したのがBUMP OF CHICKENの映像公開!!!夜な夜な観ては感涙しています。

コロナ自粛疲れ、なんてありえない!むしろ、外に出たら感染する、ぐらいの勢いで、今後も気を引き締めて健康に留意していくつもりです。この時期、病院に行くことは避けたいですからね。

外に出て、もし交通事故にあったら??その時、自分が保菌者で院内感染させてしまったら?とか、考えただけで恐ろしいから。。。とはいえ、私はまだ出社する必要が週に何日かあるので、しっかり感染対策して過ごします。

皆様も、くれぐれもお大事に。