ホテル/旅館

沖縄で飛行機撮影するのにオススメな「瀬長島ホテル」宿泊レビュー

飛行機好きな子供に影響され、家族丸ごと飛行機が好きになった我が家。沖縄滞在最終日は、そんな飛行機をまるっと楽しむべく「瀬長島ホテル」に宿泊してきました。

瀬長島ホテル滞在

源泉露天風呂付き瀬長デラックス和洋室(エアポートビュー)

瀬長島ホテルは琉球温泉が併設されていますが、オムツ児(トイレトレーニング中含む)はNGなので、源泉露天風呂付きのお部屋にしました。飛行機撮影が目的なので迷わずエアポートビューです。

瀬長デラックスは、琉球畳があって、ごろーんとできるのでゆっくりとくつろげます。ただ、飛行機はどんどん見えますが、駐車場が目の前なので、意外と人の視線を感じるかもしれません。さすがにラナイでゆっくりという気にはなれませんでした。3階ですが、かなり距離が近いです。

源泉露天風呂は、3人で入るとぎゅうぎゅうでした。子供と2人ぐらいがちょうど良いサイズ。つまり、恋人同士でというのはちょっとくつろげないサイズかな。

開放感ありまくりで、写真左側の格子状になっている場所から丸見えです。カーテンがあるので問題ありませんが、カーテンしなくても、角度をうまく調整すれば見えることはないでしょう。

さすがにおおっぴらにのぞく人はいないでしょうから。。。

露天風呂に入りながら、飛行機が通過して行く様子が見られるので、子供は大興奮。大人も普段とは違う雰囲気に興奮でした。

那覇空港を向いた客室の中でも源泉露天風呂をお楽しみ頂ける部屋は7室(うち3室が今回宿泊したタイプの部屋)。ツインタイプですが、ベットは簡単に動くので、子供の転落防止にくっつけました。

ベットの底からホコリが出てくることなく良かったです。

娘も飛行機撮影に忙しい

写真からも分かるように、この角度からも飛行機が観れます。

つまり、ベットにごろーんと寝転がったままで飛行機の離発着が観れるのです。すごいわ。非日常だわ!!!

子供用のアメニティはかなり充実していました。

朝食バイキング

瀬長島ホテルのバイキングは、沖縄料理はもちろんのこと、身体に優しい薬膳スープ等も用意されていました(スープはおいしくておかわりしたほど!)

景色も良くて、開放感があります。朝は、朝露(・・・?笑)が窓についていたのが残念ですが、それでも景色が良かった。早めに行くと、窓側をゲットできるので、リゾート気分を味わえます。※我が家は7時過ぎに朝食会場に向かいました。

デザートもどれも美味しかったです。スタッフの方が、子供に話しかけてきてくださったり、機敏に動かれていて好印象でした。

琉球温泉は劇混み!!!

日帰り入浴ができるので、温泉は劇的に混んでいました(子供の昼寝タイムに夫に託して私一人で満喫!)

17時過ぎに行ったのですが、そこそこの混雑具合(圧倒的に日帰り入浴客が多い)。けど、芋荒い状態ではなかったです。個人的には寝湯が大好きなので、楽しみにしていましたがなくて、あれ?となりましたが、朝行くと、男湯と入れ替わっていて、寝湯が楽しめました。

どちらにも寝湯があるわけではないようです。

瀬長島ホテル公式ホームページより

塩泉なので、上がったあとも身体がポカポカです。ちなみに、朝は6時ちょっとすぎに向かったところ、先客は1名でした。建設中の滑走路ができれば、温泉に入りながら離発着が観れることになるのかもしれません!!!あぁ、楽しみ!(すでに再訪予定)

瀬長島ホテルから飛行機撮影

部屋から飛行機撮影(昼)

望遠レンズもなにも使わずに撮影するとこんな感じに仕上がってしまいます。

実際はもっと機体は大きく見えますよ!

宿泊した初日は天候が悪く、望遠レンズ使ってもこんな感じでした・・・。晴れてたらもっといい写真になったでしょうに。そもそも、手持ちの望遠レンズの限界を感じましたが。。。

部屋から飛行機撮影(夜)

夜の空港は、深夜まで離発着があります。

三脚を持っていないのでこんな写真になってしまいましたが、夜空に飛んで行く飛行機をまじまじと見ることは今までなかったので、これもまた良い経験になりました。

宿泊するメリットですね。

瀬長島から飛行機撮影

ウミカジテラスと飛行機撮影

ホテルやウミカジテラス後方に飛行機が飛んで行くので、一緒に写真に収めるなら場所の選定が必要です。

瀬長島の海岸で飛行機撮影

望遠レンズ使ったら、もはや海岸なのかすら分からないショットになってしまいましたが、海と一緒に飛行機という最高のショットも沢山撮れます。

あえて、ベストショットは載せないので、ぜひ、ご自身でベストスポットを探しに出かけてみてください。

ウミカジテラス&瀬長島ホテルは、飛行機撮影には本当にいいエリアでした。子供も海岸で遊べるし、疲れたらこじゃれたお店で休憩できるし、空港から近いし、最終日の時間調整にも使えるエリアですね。

また機会を見つけて再訪したいと思います!

前半に宿泊したのは「オリオンモトブリゾート」です。

沖縄旅行2019夏の記録はこちらから