ホテル/旅館

沖縄で常宿にしたい子連れにオススメな「オリオンモトブリゾート」宿泊レビュー

オリオンモトブリゾートには、キッズルームは5部屋しかなく、かなり人気です!

2018年は運良く2連泊できましたが、今年は残念ながら予約できず。。。かなり良い思い出になったので、子供が小さければぜひ検討をお勧めしたいお部屋です。今回は、「オーシャンツイン」に3泊してきたので、キッズルームと比較しながら振り返ってみます。

キッズルームvsオーシャンツイン

ベット対決!

ベットは、どのお部屋もシモンズ製。寝心地抜群です。

子連れフレンドリーなのはやはりキッズルーム。

ニモのお部屋

ローベットの上、ベットから万が一、落ちてもさらにマットがあるのでかなり安心&安全。ベットガードの依頼も可能で、本当に至れり尽くせり。

一方、今回宿泊したのは、オリオンモトブリゾートで一番部屋数の多い「オーシャンツイン」タイプです。

ベットの間に隙間があるタイプ

ベットの間に隙間があるタイプなので、ベットをくっつけることはできません。子供の転落防止のため、ベットガードをお願いしておきました。写真が見切れていますが、右側に設置していただけていました。

結果的に、年齢が上がった娘がベットから転落することはなく(寝相悪いけど)今後は、ツインタイプでも大丈夫かも!?と確信できた今回の滞在。

特に、今回の滞在では、清掃スタッフの非常に気の利いた心配りがありました(部屋交換とかではないですよ)。詳細は避けますが、感動して総支配人宛に宿泊アンケートに記載してお渡ししたほど!!!(と言いたいところですが、失念したため仰々しいかと思いつつも、お礼のメールを入れておきました)

何がいいたいかと言いますと、やはり、オリオンモトブリゾートは、子連れに本当に優しくて、暖かさがあって今後も定宿にしたいと思えるホテルだということです。来年も滞在することを既に決めています!(もれなく美ら海水族館はセットで!)

景色対決!!

今回アサインされた、11階からの景色どーん!

伊江島みえるよ!

オーシャンキッズ(12F)からの景色はこんな感じ!

夕焼けはとてつもなく美しい

今回は、高層階だったので、景色は似ていますね。横に長いホテルですので、伊江島ビューが部屋によって違うのだなぁーと実感しました。

洗面台対決!!!

え!?洗面台!?と思ったあなた!!!

オーシャンツインの洗面台はこんな感じ。普通です。

一方、オーシャンキッズは、なんとダブルシンク❤(一つは子供用!)ステップ付き。かわいすぎるでしょう❤❤❤

オーシャンキッズでは、子供が喜ぶ仕掛けが沢山あって、いちいち子供が喜ぶので親は嬉しくてたまりませんよ!笑

詳細はこちらからどうぞ★

ホテルでの食事

朝食「シリウス」でバイキング

朝食会場は、シリウス。3回利用しましたが、毎食内容が変わっているため、飽きることはありません。右側にうっているカラフルなものは、砂糖。マンゴー砂糖やら紅芋砂糖などいろんな種類があって、娘はそれをブレンドして無糖ヨーグルトに混ぜて楽しんでいました。

フルーツやパンの種類も多いし、離乳食だけでなく、大人も嬉しいおかゆも(トッピングも豊富)あって子連れフレンドリー!

もちろん、全体的に種類が多いので、大人も満足できる内容です。

夕食「シリウス」でバイキング

今回は、夕食もすべてシリウスでバイキングを予約しました。

朝食も夕食もバイキングでさすがにどうなの!?と思ったけど、やっぱり子連れには便利でして。特にうちの子供は食べるのが異常に遅いのでバイキング(しかも時間無制限)なのはありがたくて。

大人もビール(もちろんオリオンビール)でのんびりできるし、非常に満足度が高い食事となりました。

ライブキッチンでは、お寿司と生ハムの日があって、お寿司は2回遭遇!島でとれた魚(名前を失念・・)のお寿司も1貫から頼めました。アラカルトも毎日変わるし、おすすめ!

来年も行きたいオリオンモトブ!

子連れには最強!

夜ものんびり散歩できるし(沖縄は日が落ちるのが遅い。これでも8時前だったりする)、美ら海水族館に朝イチで無理なく入れるし、オリオンモトブは北部をストレスなく満喫するならお勧めしたい宿です。

ホテルも2014年に建設されて比較的新しいのでとても清潔。

着いたときの開放感あふれるロビーは非日常とリゾート感を一気にあげてくれます。ホテル内も洗練されたデザインで、ただ子供が歩いてるだけでもなんかおしゃれになる。

楽しい滞在をありがとうございました!!!

去年(2018年)の滞在記録はこちら。

沖縄旅行2019夏の記録はこちらから