ホテル/旅館

奥湯河原温泉「山翠楼」源氏別館に子連れ宿泊レビュー

山翠楼源氏別館

秋の気配を感じる今日このごろ、奥湯河原にある山翠楼に宿泊してきました。経営母体が変わってから色々と言われているようでしたが、車寄せをした段階で「あ、この宿は大丈夫だ」と思えるおもてなしを受け、最初から最後までとても気持ちの良い時間を過ごすことができましたよ!!!

しかも、従業員だけでなく、宿泊客までもみな優しくて、なんだろう、、、人として心のゆとりを持ち続けたいと思える滞在となりました。いい宿には、心優しい宿泊客が集まるものですね。

従業員がみな優しい山翠楼

車寄せでの出来事

最近、バレーパーキングサービスのあるホテルを使っていなかったため、駐車場直行!しようとしたら、慌てて出てきてくれたスタッフ。

車を預け、荷物を準備し、いざ入館!という文字に起こせばなんてことのない一連の流れのように見えますが、スタッフの対応が語彙力のない自分が情けなくなるほど「急がせない」配慮をしてくださり(子連れだと、荷物たくさんだし、そもそも駐車場直行の脳だったので車内がすぐに出れる感じに仕上がっておらず・・・)なんだろう、もう包み込んでくれるような安心感からスタートできたのです。

ウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクは、自家製ジュースと水菓子。子供にはオレンジジュースでした。

山翠楼ウェルカムドリンク

ソファーで寛いで待っていると、「ばぁば」の仲居さんが。とにかく子供の相手をしてくださる!!!(ちなみに、ご自身で「ばぁば」と仰っておりました)

キッズ浴衣が可愛すぎる件

部屋につくと、「お嬢ちゃんの浴衣のサイズはどうしましょうかね」とのことで(キッ ズアメニティはあったので、浴衣は子供の身長を見て用意するのでしょうね)、一番小さいものを、とお願いして持ってきていただけました。

山翠楼キッズ浴衣
お風呂へ向かっている途中

で、通常、はいどうぞ!と渡して終わりな感じがしますよね。が、ばぁばは、「お嬢ちゃん、着てごらんなさい」と。しかし娘、タイミング悪く、「あ、、、トイレ!」とトイレに駆け込んだのですが、その間も私とおしゃべりしながら待ってくださっていました。

で、着た浴衣が見事にジャストサイズ!!!ばぁばは、まぁ素敵!まぁかわいい!!!と褒めちぎってくださり、楽しい滞在を、と去っていかれました。

ちなみに、ばぁばが 絶賛してくれた浴衣姿、ラウンジで外国籍の方が多数いらっしゃったのですが、「she is very gorgeous!!!」やら、「so cute!」と声をかけられ、照れまくっていた娘。

私自身は、あぁ、キッズ浴衣のサイズがいい感じになるほど身長が伸びたのか、と成長を感じ、子ども用の下駄をうまく履いて歩く姿を見ては、あぁ、少し前はすぐ脱げてたんだけどなぁやら、色々と感慨深いものがありました。ほんと子供の成長って早い!!!滞在先では毎回こんな風に成長を感じますね。

山翠楼のハード面は!?

広さ100㎡越えの源氏別館レビュー

全て源氏物語54帖より名付けられた源氏別館。17畳のお広めの本間に、8畳の副室と前室を備えたゆとりのある京風数寄屋造りの客室には、源氏物語を主題にした几帳や燭台などが飾られ、平安時代を思わせる客室でなんと、広さは100平米越え!!!

山翠楼源氏別館子連れ滞在
几帳がアクセントになったお部屋。調度品も一つ一つが素敵!

子供が触ったら、、、と思いましたがもう3歳 なので、言い聞かせればいたずらしない年齢となり、ここでも成長を感じることに。

山翠楼源氏別館
朝起きたら縁側でパプリカ熱唱していた娘

川に面しているため、川のせせらぎが聞こえ(私はこの音は心地よいと思えるタイプ)窓から見えるのは木々のみ!!!もちろん、建物自体は古いので目を凝らすと、ん!?と思うことも多々合ったのですが、そんなハード面に関してはそこまで気にならないので、まぁいいかと。

源氏別館アメニティ類
洗面台

洗面台には、メンズ・レディースそれぞれのアメニティが!もちろん、子供用のアメニティ(歯ブラシ・タオル)も用意されていました。さりげない気遣いが嬉しい!山翠楼は、大浴場にタオル類が用意されているため、室内のタオルは少なめな印象でした。

源氏別邸お風呂
温泉!という感じの内風呂

お風呂は、くり抜き式(言葉が思い出せないのですが、床が下がっているタイプ)で温泉にきた感じがします。ただ、子連れだと、このスタイルは怖い!!!うっかり転倒の可能性があるため、お風呂には近づかないように言い聞かせておきました。

そもそも大浴場がとても気持ちよかったので我が家は内湯は使いませんでした(娘、オムツ取れました!!!)

2種類の大浴場

8階の大展望風呂は満天の星空を眺めることができました。

山翠楼公式ホームーページより転載

それぞれ湯温が異なっており、長くのんびりと楽しむことができます。山翠楼では、滞在中は真夜中でもお風呂が使えるのがいいなぁと。

今まで、子供を寝かしつけして寝落ちしてしまい、夜の温泉に入れなかったということが多々ありましたが、今回は、夜中の2時にむくっと起きて、あ!温泉に行ける!という喜びといったら!!!

そして、当然のごとく誰もおらず、大展望風呂で満天の星空を独り占めしながらわずかに聞こえる虫の音と葉っぱを揺らす風の音にどれだけ身が休まったことか・・・。

お風呂にはタオルやヘアゴムが大量に用意してあるので、身一つで行けるのも楽でした。ちょっと塩素がキツい感じもややありましたが、肌はツルツルになったのでよい源泉なのでしょうね。

まとめ

山翠楼では、本当に心穏やかに過ごすことが出来ました。子連れ滞在客は平均するとやはり少ないようですが、みなさん子供になれてらっしゃる!!!安心して過ごすことが出来ましたよ!オススメの宿だし、また次回行きたい宿になりました。

源氏別館は広いので、三世代旅行にも使えそうですので、親もつれていったり、友人家族と行ってみたりいろんな楽しみが出来そうです!!!

次回は、そんな山翠楼でのお食事についてレポートします!