お出かけ

シンガポール0泊3日で出来ること

羽田を夜出発し、シンガポールに朝到着。市内をサクッと観光した後は、空港に戻りラウンジでのんびりしてから日本へ向けて出発。午前中に到着というスケジュール。これなら、有給休暇使わずともサクッと海外を楽しむことが可能です。

修行的シンガポールの過ごし方

ラッキプラザでエアラインタグを作る

ラッキープラザ内タグ

航空関係者も訪れるというタグ屋さん。店名不明ですが、もはや修行僧にとっても聖地とも言える場所でオリジナルタグを作ってみましょう。

デザインテンプレは豊富にあるので希望を伝えると、1個だったら1時間もかからずに仕上げてくれました。裏面には名前がデザインされています。可愛すぎます!!!娘、大歓喜しておりました。

ジャルのオリジナルキーホルダー

JGCのロゴなどもあって、本当に種類豊富!もちろんJALだけでなく、他の航空会社のタグを作ることも可能です。このタグ(というか、今回作成したのはキーホルダーですが)は、ログブックにつけたり、娘のリュックにつけたりして、JAL愛をひたすらアピールしている我が娘です。

石鹸を大量に仕入れる

ムスタファセンター付近

時間がありますので、シンガポールといえば石鹸!ということでムスタファセンターへ移動です。この辺りは、もう思い切りインド街という雰囲気。

そう、シンガポールで、アーユルヴェーダ石鹸が格安で買えちゃうんですよね!

ムスタファセンターアーユルヴェーダ石けん等

大量にありすぎて、何を買っていいのかもはや分かりません。とりあえず、子供にも安心して使えそうなものを選びました。medimixのものです。

合わせて、タイガーバーム(赤・白)と、トムヤムクンスープの素もお土産としてゲット。

タイガーバームシンガポール土産

タイガーバームの赤は温感タイプですが、それでも多少スースーしますがマッサージしているとポカポカして気持ちが良いです!筋肉痛が和らぎますが、もちろんひどい筋肉痛には湿布の方が効きます。こちらはちょっとしたお守りのような存在として使うのが良いのでしょうね。 

ラウンジホッピング

街の暑さに疲れたら早々と空港に戻ってラウンジへ。

カンタスラウンジ シンガポール

空いていますが、結構冷房が効いてて寒いです。

カンタスラウンジ 食事

ご飯やお酒、デザート等満喫したら帰国しましょう。

無理せず、異国を楽しみつつ、体力を温存した修行が可能ですよ。